カナダ、トロント留学の魅力

おすすめのカナダ留学

おすすめカナダ留学【バンクーバー周辺】

おすすめカナダ留学【バンクーバー周辺】 カナダ留学の滞在先で人気があるのがバンクーバーです。
バンクーバーはカナダの西側の玄関口になっていますが、自然と都会が調和していて世界的に住みやすい都市としても常に上位に選ばれています。
カナダの冬は寒いイメージがありますが、バンクーバーは比較的暖かく日本の冬ぐらいの気温なので過ごしやすい環境も人気です。
留学中は語学学校に通うことになりますが、ダウンタウンにはたくさんの語学学校があります。学校によって特色の違いがありますので、出発する前に特に強化したいものがあれば学校の特徴をよくチェックした上で申し込んでおくと到着後にすぐ学校に通うことができます。
バンクーバーは日本人を含めてアジア人留学生が非常に多いため、語学学校によってはクラスメイトのほとんどがアジア人になることもよくあります。
学校によってはクラスメイトの国籍が制限されていることもありますので、少しでも日本人のいない環境作りがしたい場合は国籍制限をしている学校を選ぶのもおすすめです。
ダウンタウンには語学学校以外に魅力的な場所がたくさんあります。ショッピングをするならロブソンストリート、公園でリフレッシュするならスタンレーパーク、この他に美術館や博物館、図書館などもあり学校が終わったら楽しめるスポットが目白押しです。

カナダ、トロント留学の魅力

カナダ、トロント留学の魅力 カナダに留学する人がまず思いつくのはバンクーバーではないでしょうか。
でも、カナダにはもう一つトロントという大都市があり、経済の中心地で人口はカナダの中では一番多いため、こちらも留学先として人気が高くなっています。
人口が多いということは、それだけいろいろな人種がいるということで、留学生も世界各国から来ているので交流ができます。学校の数が多いというのも魅力です。
車で2時間ほど行くと有名なナイヤガラの滝がありますし、トロントのランドマーク的存在のCNタワーなど、観光スポットは数多くあります。世界各国の料理を食べることができるレストランがあるのも魅力です。
交通手段は地下鉄やバス、ストリートカーなどがあり、移動手段には事欠きません。
カナダは留学先の都市によって、気候や自然環境など、いろいろと雰囲気が異なり、それぞれに魅力があります。日本人が多く住んでいる都市では、日本語を使ってしまいそうと思う人は、母国語禁止の学校を選ぶこともできます。
また、バンクーバーとトロントなど、2都市に滞在できるというプランもあるので、両方を体験してみたい人、迷っていてどちらにしたらいいか決められないという人におすすめです。

海外留学には年齢制限はない!やる気があればOK!

海外留学をするためには大学生が非常に多いのですが、大学生だけではなくて小学生でも海外留学をする人もいます。そのため、海外留学をするための条件をしては年齢は一切関係なく、関係あるのは学校側が許可を出すかどうかです。
学校側が許可を出すとお金が必要なだけで誰でも海外へ行って勉強をすることが可能です。学生時代には海外で言って勉強することが出来なかった社会人でも社会人になってから海外留学をする人も沢山いますが、社会人の場合には会社を長期間休んで行くことになるため、会社側の許可をもらうことが非常に難しいでしょう。
会社側が認めない場合には諦める人が沢山いますが、稀に会社を退職して海外へ勉強を目的として行く人もいます。
社会人が海外へ行く場合には学生とは目的が異なり、学業のためではなくて社会経験の一環として向かいます。
海外での生活を経験することで帰国後の仕事の幅が広がり、収入を上げることが出来ると言うメリットがあります。

事前に知っておきたい留学で起こりやすいトラブル

勉強や海外で生活してみたいなど様々な理由で留学する人も多いですが、海外に行く前によく起こりやすいトラブルを知っておくことが大切です。事前に知っておくことで、いざという時に対処しやすくなります。
特に多いのが金銭関係の問題です。留学先にもよりますが、スリや盗難などが頻発しているケースも多いため注意します。被害を受けるとお金が戻ってくることはなく、クレジットカードを勝手に使われてしまうこともあります。
このような被害に遭わないためには、荷物は肌身離さず持っておくことが重要です。リュックではなくできるだけボディバッグなど前に持ちやすいバッグを選びます。大金を持ち歩かないようにして、クレジットカードを紛失した場合にはすぐにカード会社に連絡します。
犯罪に巻き込まれるケースもあるため注意が必要です。知らない間に麻薬を運ばされていた、ということもあるため知らない人にはついていかない、危険エリアには近づかない、人気がないところは歩かないなどを心がけます。

留学することにはデメリットもあったりします

留学は一般的には良いこととされており、行きたいと思っていても種々の理由により諦めざるを得ないことが多いかもしれませんが、メリットばかりではなくデメリットもありますので、安易に留学を決めるようなことは禁物です。
何でもそうですが、目的がはっきりしていなければ時間とお金の無駄になってしまうことが考えられます。目的の一つは語学力を身に付けることが多いと思われ、日本国内にいるのとは大いに環境が違いますのでそれなりの心構えがあれば十分に力が付くはずですが、当然ながらその環境を活かすのは自分自身ですので、ただ留学しさえすれば身に付けられるというものではありません。
また、授業についても当然ながら英語を始めとする外国語で行われることになりますので、各科目の知識などに加えて語学力は学問の上でも必須になります。
つまり、語学ができないために全ての点で留学の意味が薄れてしまうこともありますので注意しなければなりません。

海外留学生の間で人気の日本の地域について

日本では、2000年以降はグローバル教育を積極的に実施をしています。毎年約400万人以上もの方が諸外国に留学をしていますが、それと同時の多くの海外留学生を受け入れるようにもなりました。
特に大学では専門的な学問を身に付けるための留学生向けカリキュラムも用意をされているほどです。ここでは簡単に、海外留学生の間で人気となっている日本の地域を見ていきましょう。その地域とは、京都です。
京都市内には著名な国立から私立大学もあり、国内有数の学生街と呼ばれています。2020年に文部科学省が調査をしたところ、約20万人以上も海外の学生が存在していることがわかりました。この数は全国屈指であり、さまざまな学問を学ばれています。
京都では独自の奨学金も用意をされていて、卒業後は府内の企業に一定期間勤務をすることを条件にした受け入れをなされているほどです。
この奨学金も多くの方の人気を得る要因となっていることが伺えます。

留学で成長したいなら現地に溶け込んでみよう

留学を行うことで、様々な点で成長することができます。たとえば、違う文化の中に置かれることで、ほかの文化を尊重することができるようになりますし、習慣を理解するための能力を身に着けることができます。
幅広い人たちを理解し、世界には様々な方が存在しているということを理解することで人間として大きくなることができるでしょう。
留学を行えば、言葉の面でも成長を行うことができます。最初は多言語を理解することができなくても、現地に溶け込むことで徐々に言葉を覚えることが可能になり、次第に自由にしゃべることが可能になってきます。
言葉を習うために留学を行った人も、満足できる結果を期待することが可能です。
このように、いろいろな点で大きくなることができますが、そのためにも現地の人たちの中に積極的に飛び込む必要も出てきます。
現地の人たちに飛び込むことで文化を理解できますし、言葉も自由にしゃべれるようになるからです。まずは、溶け込む努力を行ってみましょう。

留学ではその国の文化を知ることができます

留学を考えている人も多いかもしれませんが、留学ではその国の文化を知ることができるのが大きなメリットの一つです。
もちろん学問を修めるのが最大の目的であることは間違いないですが、それだけであれば国内の学校でもさほど問題はないことも十分にあります。
生活費をはじめとして少なくない追加費用がかかることになるはずですので、それを上回るくらいの何らかのメリットがないと意味も薄いわけです。
その意味の一つには語学力がよく取り上げられ、確かに現地の言葉で生活し授業も受けざるを得なくなるのは大変ですが、その一方では国内にいるときとは比較にならないくらいの語学力向上が期待できます。
この他に留学のメリットに考えられることが現地の文化に触れることができる点であって、短期間の海外旅行などよりははるかによく知ることができるでしょう。
これらの点をよく考慮したうえで、メリットと考えるのであれば留学を検討する価値は十分にあると言えます。

海外留学する時に必ず持っていきたいアイテム

海外留学を予定している方の中には、不足しているものは現地で購入すればいいと考える方は多いですが、留学先では日本なら当たり前に手に入る物が売っていなかったり価格が高価なケースが多いです。
そのため現地で余計な出費を減らすためにも、日本から持っていくと便利なアイテムをチェックしておき忘れずに荷物に入れておくようにしましょう。
海外留学で持っていくと便利なアイテムの一つに日本食があります。近年は海外でも日本食が人気となったことで、現地でも醤油などは手に入る機会が増えましたが、出汁や麺つゆは価格が高かったり物が手に入らないことが多いです。
現地で料理をする予定があるならば、手軽に扱える粉末タイプの出汁を荷物に入れておくと調理をする際に活躍します。
冬場や長期海外に滞在することになると、どうしても増えてしまうのが洋服です。そこで洋服を少しでもすっきりまとめる方法として活躍するのが圧縮袋で、耐久性の高いアウトドア用の物を用意すると長期的に使えて便利ですし、衣類ごとに使い分けられるようにサイズ別で用意することもおすすめです。

留学に際しては補助金が活用できることもある

留学をしたいと考えている人もいるかもしれませんが、留学に際しては種々の補助金が活用できるケースもありますので、しっかりと確認して利用するのと、何も知らないままでいるのとでは結果的に大きな差となったりします。
大学とか自治体に確認するようにすると良いです。奨学金と似たような性格のものもあり、貸与であって返還が必要になることもありますが、その場合でも金利的には非常に有利になっているケースが多いです。
ただこれは借金の一種であることは事実で、将来的には返済しなければならないのですから、そのことも考えた上で借りるようにしなければなりません。
貸与ではなく給付であれば非常にありがたいですが、こちらは財源の上でも限りがあることは容易に予想できますので、誰でも無制限に得られるようなことは普通はないでしょう。
例えば成績が一定レベル以上であるなどの条件をクリアすることが必要になっていることも多く、簡単ではないかもしれません。

留学前には早めに健康診断を受けることが大切

留学先の国によっては健康診断書の提出が必要となり、準備が遅れてしまうとビザの申請が行えなくなるので早めに受けることが大切です。
実際に健康診断書の検査項目はどのような内容かというと、身長や体重、聴力や視力といった基本的な検査に加えて、歯科・内科検診に尿検査やレントゲン検査、血圧・心音検査を行うことが一般的です。
また中には肺結核を調べるための胸部X線の検査や町内寄生虫、麻疹抗体検査や予防接種、全身皮膚視診などの感染症のチェックを行うケースもあり、基本的な内容と比べてもかなりの時間がかかってしまうので後回しにしないことが重要になります。
特に国や学校、ビザの種類によっては指定された病院での検診が必要となるケースもあるので、ビザ申請や留学に遅れないように対策をとりましょう。
万が一遅れてしまった場合は、そのことを医師とも相談して最適な方法を見つけていくことが、確実に診断書を作る上で必要となってきます。

語学留学先に人気の国をご紹介していきます

語学留学したいと思っていてもどの国に行くのが良いのか悩んでいる方も多いと思います。 質の高い英語が学べるのかや生活環境は整っているか、生活上安全性は問題ないかなど不安に思うことは尽きません。
そんな方に留学先として人気の国をご紹介していきたいと思います。 まずは何といってもアメリカ合衆国が人気です。
アメリカの語学学校には世界中から留学生が集まりますので、語学力を含めて総合的にグローバルなコミュケーションができ、スキルを養うことができます。
現地の企業でインターシップを検討している方にもおすすめです。 ほかにもオーストラリアやカナダも人気です。人気の大都市のシティライフも楽しめますが、大自然を満喫することができます。治安の良さや生活費の安さも魅力の1つです。
特にカナダは多民族国家ですので協調性が高く、留学生が受け入れられやすい環境が整っています。 カナダ人が話す英語は日本人にとって聞き取りやすいと言われており、標準的な英語を学ぶことができます。

留学をすることで誰でも文化を学ぶことができる

留学をすることで英語などを学ぶことができますが、文化を学ぶこともできます。
その国の文化を学ぶことで留学先での生活を充実させることができますから、早めに学んでおく必要があるはずです。
生活をする中で勉強をすることができますから、本などを読むだけでなく実体験を通して学ぶことができます。
そのためしっかりと記憶にとどめることができますから、効率的に勉強をすることができるはずです。
留学をする国の文化を勉強することができるので、どの国に行くのかを最初に選ぶのが大切になります。
興味がある国を選ぶことで、効率的に勉強をすることができますから、安心して成長をすることができるはずです。
留学先の文化を知ることができると、生活をするときに必要となる知識を身につけることができますから、ネイティブに近い形で勉強をすることができます。
誰でも文化は勉強することができるので、貴重な体験として多くの学生がチャレンジする価値があるはずです。

海外留学の際に受けておくべき健康チェック

海外留学は日本とは異なる環境や文化に触れ貴重な経験を得られる機会ですが、渡航先では日本では馴染みのない病気に感染したり体調を崩したりするリスクもありますので、事前に十分な健康チェックを受け万全の体調で留学に臨むことが大切です。
渡航先の国や大学によって、健康チェックの内容は異なります。
一般的には、問診では既往歴やアレルギーなどの確認が行われ、身体診察では体格や体温や血圧などのチェックとともに血液検査や尿検査や胸部X線検査などの実施されます。
地域にもよりますが、感染リスクの高い病気に対する予防接種も必要になる事もあります。
予防接種は、海外留学において最も重要な事です。
麻疹や風疹やおたふく風邪に加えB型肝炎やポリオや髄膜炎菌や黄熱病などの病気は、日本では予防接種によって根絶されていますが海外では依然として流行しています。
これらの病気に感染すると、重症化したり命を落とす可能性もありますので、国や地域で推奨されている予防接種を必ず受けましょう。
既往症がある場合、事前に主治医に相談する事が大切です。
十分な治療を受けられるかどうか、予防接種の追加や変更が必要かどうかなどを相談してください。
渡航先の医療制度や衛生状況について調べておきましょう。

海外留学に必要な奨学金をどの様にして手に入れるか

海外留学は学費や生活費がかさむため、奨学金の活用が欠かせません。
奨学金は、国や自治体や民間企業や団体などから提供されており、その種類や条件はさまざまです。
種類は大きく分けて公的なのものと民間の2つに分けられ、自分が必要な奨学金を選ぶ必要があります。
公的なものは国や自治体から提供され、日本学生支援機構(JASSO)が提供する日本学生支援機構奨学金や各自治体が提供するものなどが代表的です。
公的なものは、貸与型と給付型の2種類があります。
民間は民間企業や団体から提供されるもので、企業や団体ごとに目的や条件が異なるため、自分に合ったものを探す事が必要です。
民間では、貸与型と給付型のほか返済不要のものもあります。
条件は、学力や成績や家庭の経済状況などにより異なります。
留学先の大学や学部やコースなども条件に含まれる場合があります。
申請方法は、種類によって異なります。
公的なものは、日本学生支援機構のホームページからインターネットで申請することができます。
民間は、各組織の募集要項に記載されている方法で申請します。
取得には、学力や成績や家庭の経済状況などをアピールすることが重要です。面接や小論文などの審査がある場合もあります。

海外留学の費用は為替動向によって大きく変わる

高校や大学、語学学習など様々なことを目的とする海外留学をするには、事前に費用を計算しておくことが大切です。
例えば、大学なら入学金と4年間の学費、さらには住居の家賃も含めた生活費も必要となり、資金が尽きれば帰国せざるを得なくなってしまうのです。
そして、その費用は為替の動向によって大きく変動する点に注意が必要です。
アメリカの大学に留学することを例に挙げると、1年間の学費が2万ドルから4万ドルという金額で、さらに生活費が1万ドル程度かかります。
これらの費用を日本から持ち込む場合、円相場が1ドルあたり100円ならば300万円から500万円となりますが、1ドルあたり150円の場合は450万円から750万円という金額になってしまうのです。
日本円で留学することが難しい場合は、現地の奨学金を借りることも一つの方法です。
現地通貨での支給となるため、為替動向に左右されることなく一定額を受け取ることができます。

知っておきたい!アメリカ留学の基本マナー

勉強や仕事のために、アメリカへ留学を控えている方も多いのではないでしょうか。
何度も海外へ出かけている方は問題ないですが、初めてアメリカ留学をする方の中にはどのような基本マナーを気をつければ良いのか不安を抱える方も珍しくありません。
アメリカ留学する時に基本マナーはまず、「気軽にコミュニケーションを取ること」です。
日本でも知らない人と挨拶を交わしたりしますが、アメリカでは顔見知りではなくても挨拶に加えて天気の話など、さらに踏み込んだ会話に発展するケースも珍しくなく、見知らぬ人とのコミュニケーションを大切にする風潮があるため、にこやかな表情で気軽にコミュニケーションをとることが大切になります。
次に会話するときはできるだけ「英語」で話すように心がけましょう。
カフェや教室など日本人が大半を占めている環境であれば日本語で話しても問題ありませんが、一人も外国人がいる場合は日本語で会話してしまうと相手に疎外感を与えてしまい、コミュニケーションや仲を深める機会を損失してしまうため英語で話す癖を身につけておくことが重要です。

おすすめのカナダ留学サイト

カナダの留学エージェント

新着情報

◎2024/01/04

情報を更新しました。
>留学をすることで誰でも文化を学ぶことができる
>海外留学の際に受けておくべき健康チェック
>海外留学に必要な奨学金をどの様にして手に入れるか
>海外留学の費用は為替動向によって大きく変わる
>知っておきたい!アメリカ留学の基本マナー

◎2023/03/01

情報を更新しました。
>留学ではその国の文化を知ることができます
>海外留学する時に必ず持っていきたいアイテム
>留学に際しては補助金が活用できることもある
>留学前には早めに健康診断を受けることが大切
>語学留学先に人気の国をご紹介していきます

◎2022/5/9

情報を更新しました。
>海外留学には年齢制限はない!やる気があればOK!
>事前に知っておきたい留学で起こりやすいトラブル
>留学することにはデメリットもあったりします
>海外留学生の間で人気の日本の地域について
>留学で成長したいなら現地に溶け込んでみよう

◎2017/11/27

交換留学とはどんな制度?
の情報を更新しました。

◎2017/9/20

留学でカナダを選ぶ人の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/7/26

留学の特徴とメリット
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

必要な準備:留学ビザ編
の情報を更新しました。

◎2017/3/1

留学で能力を鍛える
の情報を更新しました。

「留学 カナダ」
に関連するツイート
Twitter

17:00、赤坂サントリービアガーデンでサークル打ち上げ。来夏からまゆがカナダ留学と聞いてけっこうショック。

子供のカナダ留学。学校の選び方ってどうすればいいの?|第15回 経験者だから分かる、学校を絞り込むベストな方法

カナダのお風呂事情】湯船には入れる?毎日入る?

現地人から久々に謎の求愛的なDMがきた その子はもうすぐカナダ留学するから、いちお注意した 恋人じゃない人がそういうの送るの良くないよって言ったらХочешь я стану твоим парнем😆とか言ってくるし君がそういうの嫌いとは知らなかったとか、 いや、だからみんなに送るなって言ってんの!

カナダ】ウィスラーの行き方と予約方法